木村 俊江さん / ガラス工芸作家

作品には人柄が表れる、

木村さんの器をみると実感する。

大胆で力強くて、堂々として。

それでいて、誰をも受け入れる温かさがある。

 

オレンジ色に燃え盛る大きな窯からは熱風が吹き出し、

側にいるだけでじんわりと汗をかくほどの熱気の中、

作業が始まる。

1300℃の坩堝から、溶けたガラスを竿で掬い上げる。

そこからは絶えず左手で竿を回し、バランスを取りながら、

コテやハシを使い、すばやく形を整える。

ガラスの動きを見ながら、温めては整えてを繰り返す。

時間にして僅か十数分。

水飴のようにトロリとしたガラスは

わずかな力加減でみるみると形を変えるため、

ひっきりなしに判断と選択が迫られる。

流れるような動きの中で、

頭と体をフルに使って生み出される器たち。

木村さんの作品に漂う力強さと大らかさは

決してガラスを意のままに操ろうとせず、

ガラスとの共作を楽しんでいるからこそなのだろう。

● glass garden

http://www.glass-garden.com

 

20190309_058.jpg

・・・・・・・・・

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now