トモエ ホリーズさん / 造形作家

トモエさんは鉄の芸術家。

黒くて硬く冷たい鉄が

豊かな曲線と、白い珪藻土や赤錆で色付けされることで、

生き生きとした表情に変わる。

柔和な雰囲気のトモエさんからは全く想像もつかなかったが、

重いハンマーを振り下ろす腕にはくっきりと筋肉が見える。

鉄を熱するために焚かれた石炭のそばでの作業は、

過酷を極め、顔からは汗が滴り落ちていた。

 

熱しては叩くの繰り返し。

叩くことで、鉄は少しづつ形を整えるだけでなく、

粘り強さ(強度)を増していくという。

 

視線はつねに鉄から離れない。

熱している時も叩いている時も。

 

鉄は温度によって色や音を変える。

温度が上がるにつれ、茶褐色から赤、朱、黄と明るさを増し、

それにつれて音も

「カーン」から「ボコッ」へと変わっていくという。

 

耳と目を研ぎ澄まして、

温度や性質の変化をじっくりと見極めながら作業はつづく。

 

甲高い金属音がリズミカルに工房に響き渡る。

● トモエ ホリーズ(Tomoe Whollys)さん

http://tomoenakazawa.com/wp/home/

 

steel_03.jpg

・・・・・・・・・

180822_078.jpg
180822_021.jpg
180822_016.jpg
180822_072.jpg
180822_100.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now