yuko nakamotoさん / ジュエリー作家

レースのように細く軽やかな曲線から作られる模様は

はっとする美しさとともに、不思議な感覚を引き起こしてくる。

 

様々な曲線が記憶のどこかにあるイメージを刺激して、

西洋にも東洋にも、レトロにもモダンにも見えてくる。

線だけで構成されているからこそ、

見る側が自由に色や空気感を感じられるのは、

モノクロ写真のそれに似ている。

yukoさんは美術大学時代、彫刻を専攻していた。

一見、立体と平面では相反するように思えるが、

モノを形作るライン(線)を捉えることは同じだという。

作品は糸のように細いワックス(蝋)を、

下絵に合わせて一本ずつ組み合わせ、熱を加えて繋げていく。

そうしてできた原型を基に鋳造し作られる。

0.7mmと1mmの極めて細いワックスは

手の温度だけでも簡単に曲がる為、繊細な作業が必要だ。

せっかく仕上げた原型も

鋳造に出す段階で反り返ったり、伸びたりすることもあるという。

「粘土で彫刻の原型を作ってきたので、

足したり引いたりを”手”でできるワックスは性に合っている」とのこと。

yukoさんの手を通して何度も推敲された曲線は

私たちの記憶に語りかけてくる。

● yuko nakamoto

http://yukonakamotojewelry.jimdo.com

 

・・・・・・・・・

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now