高橋 なほ子さん / 繭造形作家

風に揺らめくように柔らかく真白な花たち。

この花びらは繭玉から作られている。

絹糸をまとった花はふわふわとして少し輝いて見える。

高橋さんが繭の作品を作り始めたのは数年前のこと。

知り合いの方が蚕の飼育をした時にできた繭玉を引き取って

作品に使えないかと思ったのが始まりだったそう。

繭玉の楕円形を生かし、切り方を変えることで、

花や鳥、蝶など様々なものを表現していく。

独特の曲線と表面の凹凸が幾重にも重なることで、

新しい表情を見せる。

蚕は5000年以上も昔から飼育され、

蚕から作り出される絹は人々の暮らしを支えてきた。

日本では安価な輸入品の絹糸に押され、

産業としては衰退の一途を辿ってしまっているが、

それでもなお、その魅力は計り知れない。

 

高橋さんの作品は改めてその美しさを実感させてくれる。

● 高橋なほ子さん (Crystal Garden)

https://www.facebook.com/crystalgarden.ac/

 

・・・・・・・・・

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now