大友 友美さん / 彫金作家

ワックスの塊を切り出して、作業は始まる。

初めは大胆に、そして、徐々に繊細に彫り進め、

ひと削りひと削り丁寧に彫り進められる。

顔の表情、身体のライン、髪の流れ、指の細部にまで、

精巧に作られた原型はすでに完成品のような美しさ。

この原型を鋳造枠に固定し、石膏を流し込む。

焼成することでワックスが溶け、

空洞になった部分に地金を鋳込みする。

熱いうちに水に入れると、

まわりの石膏がスルスルと溶け出し、

白濁した水の中から、少し黒ずんだ作品が現れる。

原型そのままに、驚くほど細かな描写が再現されている。

ワックスという柔らかく儚い存在から、

凛として艶やかな金属に形を変えた瞬間。

さらに磨きをかけ、独特の表情を持つ作品へと仕上がる。

大友さんのひと削り、ひと磨きが、

作品の魅力を際立たせていく。

 

・・・・・・・・・