下岸 華子さん / 金工作家

金属を叩く音がリズミカルに響く工房。

多くの作家が集う工房はいろんなリズムを刻みとても賑やか。

 

下岸華子さんは、

植物や動物、自然をモチーフに作品を作っている、金工作家。

 

下岸さんの作る、

風や波、砂岩をイメージしたカーブはとても美しい。

自然と同じでひとつとして同じものは無い。

 

そのカーブひとつひとつは

一枚の金属板を切り出し、

炎で熱しては、叩く作業を繰り返し、

研磨することで、生み出される。

 

素材となる金属は

組み合わせや配分を変えることで、強度や色合いも変わり、

素材の種類は無限に作ることができる。

 

製作中の「mocca」シリーズは、

江戸時代に生まれた技法、”木目金”を取り入れた作品で、

異なる色の金属を層状に重ね合わせて圧着、

捻りを加えながら延ばし、打ち出しなどを施している。

金属の作り出す木目模様に、

打ち出しや荒らしの細工、立体の曲線が加わって、

独特の存在感を放っている。

 

 

● 下岸華子さん (niushu)

  http://niushiu.com

 

● studio crucible (彫金教室) 

 http://www.crucible.jp

・・・・・・・・・

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now