古川 真児さん / ガラスブロワー

初めて古川さんの作品を拝見したとき、

あまりの美しさに眼を奪われた。

 

ガラスの中に華が咲いている!

 

手に取ってじっと見つめてみたいけれど、

簡単に割れてしまうガラスという素材と相まって、

一瞬で壊れてしまいそうで触れることがためらわれた。

 

バーナーで熱せられた柔らかいガラスもまた、

ほんの少しの力ですぐさまカタチを変えてしまう。

だから、絶えずガラスを動かしながら、

慎重に、それでいてスピーディーに

作業は進められる。

 

この華の色、

ガラスの上に金属の粉を吹きかけて作られている。

金はピンク系、銀はブルー系と

組み合わせる金属によって色が変化する。

 

バーナーアートの世界は想像以上に化学だった。

ガラス、金属、鉱物の溶解温度を組み合わせて作り出される。

それでいて、

その温度を見極めるのは、人の目や耳や勘。

それぞれの性質を熟知した、

作り手の経験値が美しい作品を生み出す。

 

 

● 古川真児さん (pyro-graphics)

http://pyro-graphics.net

 

・・・・・・・・・

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now